足が臭い原因は?

どうして足は臭くなるの?ズバリ原因はコレ!

そもそも、どうしてこんなに足の臭いはくさいんでしょうか?

 

 

 

足の裏には、エクリン線等の汗を出す汗線がたくさんあります。
 
その為、足の裏は1日にコップ1杯分の汗を掻くと言われるほど大量に汗を掻くのです。

 

しかし、エクリン線から出る汗自体は実はあまり臭いがありません。
 
ここに細菌が加わることで臭いの原因となる悪臭物質が発生するのです。

 

 

 

細菌の正体は、皮膚の表面にもともと存在している皮膚常在菌です。
 
常在菌は普段は皮膚の表面を悪性の細菌から守ってくれる役割を果たしていますが、数が増えすぎることで臭いの原因となってしまいます。
 
毎日靴を履いている私たちの足は高温多湿となり、この高温多湿を好む皮膚常在菌が繁殖しやすくなります。
 
その結果、汗と共に流れてくる古い皮脂や角質を細菌が分解して悪臭物質を作り、これがあの足の臭いになるのです。

 

 

 

足の臭いを発生させているこの悪臭物質は、イソ吉草酸という物質です。

 

納豆のような、チーズのような、独特のあの臭いの元となっています。

 

イソ吉草酸は生活環境を損なうような恐れのある、不快な臭いの原因となる物質を定めた法律の特定悪臭物質に入っているような物質なのです。

 

どれだけ足が人に迷惑を掛けるほどの臭いを放っているのかよくわかりますね。

 

 

 

また、イソ吉草酸は洗っても落ちにくい性質を持っています。

 

お風呂で毎日洗っていてもなんとなく、まだ臭うような気がしたら、もしかしたイソ吉草酸の仕業かもしれまん。

 

 

 

足の臭いを消したいなら、イソ吉草酸を何とか退治しないといけないのかもしれません。

 

 

足臭を治すには?